アートなまち「高松」の玄関口、サンポート高松
大巻伸嗣「Liminal Air - core -」

高まる、高鳴る、高松へ。

アート

アートなまち「高松」の玄関口、サンポート高松

四国最大の高層ビル「高松シンボルタワー」をはじめ、都市機能が集結する海陸交通の結節拠点。

瀬戸内をアートに旅するなら、まず高松港から!

JR高松駅から徒歩5分。瀬戸内海の海上交通の拠点である高松港は「サンポート高松」に位置する「アートなまち」高松の海の玄関口。3年に一度開催され、2016年で第3回を数えた「瀬戸内国際芸術祭」では、作品展示や様々なアートイベントが実施される女木島・男木島・大島などの瀬戸内の島々と高松を繋いでいるだけではなく、アート作品展示会場の1つとしても重要な役割を果たしました。島へ渡る前のひとときに、ベイエリア観光の合間に、ぜひアートな目線で高松港散策を楽しんでみてはいかがでしょう?

高松港
ガラス製灯台「せとしるべ」

世界初のガラス製灯台「せとしるべ」も見逃せない!
~恋する灯台選出~

アート作品と並び、港のシンボルとなっているのが「高松港玉藻防波堤灯台」。「せとしるべ」の愛称で親しまれている世界初のガラス製灯台です。透過性ガラスブロック1,600個で築かれ、内部からの光の照射によって灯塔全体が赤く輝く、というユニークなデザインとなっており、日暮れから暗くなるにつれ、徐々に灯台が赤く染まってゆく姿は実に幻想的。平成28年8月12日に日本ロマンチスト協会などが認定する「恋する灯台」の1つにも選ばれています。

サンポート高松

住所/高松市サンポート1-1
TEL/ 087-822-7060 (公財)高松観光コンベンション・ビューロー
公式サイト/http://takamatsu.or.jp/event/
MAP(Google map)

  • 高松をもっと知る!
  • うどん県旅ネット
  • 高松の「便を予約」する
  • 高松の「旅を計画」する